【ゆたぼん父】中村幸也さんが時期衆院選に立候補!抑えておきたい経歴を解説。果たして当選する?

中学校不登校宣言で良くも悪くも話題になった、不登校Youtuberゆたぼんの父親である、心理カウンセラーの中村幸也さんが、次期衆院選に立候補するという事で話題になっています。

何かと、どちらかと言えば悪い方向で話題になるゆたぼんと中村幸也さんですが、国政選挙に出たとして何を訴えるのでしょうか?

また当選する可能性はどれくらいあるのでしょうか?

今回は、中村幸也さんの経歴等を交えながら解説していきます。

ゆたぼんパパの中村幸也さんが立花孝志氏の要請で次期衆院選立候補

5月17日、少年革命家ユーチューバーゆたぼんの父親で、心理カウンセラーの中村幸也さんが次期衆院選に立候補する事を明らかにしました。

所属政党は「古い政党から国民を守る党(通称:古い党)」で、同党党首である立花孝志氏からの正式な打診があったとの事です。

中村幸也さんは立候補の目的として次の様に語っています。

日本では学校に行けるなら行けよという空気があり、行かないという選択が認められないのは違うかと。行かない子は行かない子なりに学べる環境を整えていくことも大事。学校に行かない選択を持つ子供の親として、メッセージを伝えつつ、多様な学びの機会を得られる国づくりができれば

参照:Yahoo!ニュース

中村幸也さんは現在沖縄に住んでいますが、今後の選挙区の問題もある為、調整していく事になります。

何かと話題になる中村幸也さんの経歴は問題あり?

中村幸也さんの衆院選出馬に関して、否定的な意見は多く、理由は中村幸也さんの経歴にあります。

中学時代はかなりのやんちゃ坊主。盗んだバイクでグランドを走りまわり、タバコを吸いながら廊下を堂々と歩く。
中学卒業後、すぐに就職し働き始めるが、3ヶ月で辞める。
のちに20回以上転職を繰り返す。
暴走族の副総長となる。

恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤・・・etc

引用:Amazon

これは中村幸也さんの自著「あきらめる勇気─人生はあきらめが9割残りの1割で幸福になる方法」の紹介文に書かれています。

かなりやんちゃな人生を歩み、ゆたぼんに不登校Youtuberとして活動させて学校へは行かせず、という点が問題視されています。

学校へ行く行かないの善し悪しはともかく、元々Youtuberとして活動させていた長女は沖縄の引越には同行せず、無い物として扱っているという点も悪評が付く理由になっています。

ゆたぼんパパこと中村幸也さんの国政参加の目的は教育改革?

中村幸也さんが衆院選に立候補する事を表明したわけですが、もう少し国政に参加する理由について掘り下げていきましょう。

衆院選立候補を表明した5月17日に、中村幸也さんはオフィシャルブログで次の様に述べています。

不登校になる理由もイジメなどだけでなく、多様化しており、学校という場所に合わない子どもたちも増えてきているのです。

そんなふうに「学校に行かない道を選択した子ども」が学べる環境を整えていくことはとで大事なことだと思っています。

ゆたぼんのように学校に行かない選択をした子どもを持つ親として、メッセージを伝えつつ、多様な学びの機会を得られる国づくりをしていく所存です。

引用:衆議院議員選挙に立候補します

ブログでは、海外で行われているホームスクーリングを日本で広める・・・・という事には言及していませんが、多分そういう方針なのだと思います。

立候補を表明してまだ3日程度なので、今後衆院選までに政策をまとめる事を期待しましょう。

中村幸也さんが立候補て当選する?立花孝志代表の狙いは?

古い党代表の立花孝志代表が、中村幸也さんに立候補の打診をした理由は明らかになっていませんが、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の創設者ひろゆきさんと張り合う様子を見た立花孝志代表の目に留まって打診したみたいです。

出馬にあたって色々と情報が流れていますが、恐らく立花孝志氏の狙いは知名度がある人間を擁立して、比例区の票集めをするのが狙いでしょう。

直近では、経歴で何かと話題になったスーパークレイジー君がさいたま市議選で当選したこともあるので、何かと注目される事があるゆたぼんと父親の中村幸也さんを体よく(と言ったら表現は悪いですが)利用するつもりでしょう。

中村幸也さんは当選する?したとして国政で活躍できる?

さて、では肝心の中村幸也さんが選挙で当選するかどうかですが、恐らく当選はしないと予想できます。

ハッキリ言ってしまえば、周りに対してヘイトを貯めすぎているからです。

一定数の応援する声こそありますが、それでも意見という点言えば非難の声の方が多いです。

そもそも古い党自体、立花孝志代表が落選する程イメージが良くないので、恐らく出馬したところで自身でため込んだヘイトや出馬政党のイメージから落選するのはほぼ確実だと思われます。

・・・日本の選挙って知っている人に投票する傾向もあるので、当選する可能性自体も0ではないんですけどね。

では、仮に当選した場合果たして国政で役に立つのか?

恐らく当選しても役には立たないでしょう。理由はシンプルで、本人の学力不足です。

ネット上で好き放題言うのと、対面で施策について話し合うのは大分違います。

理想だけ言えばどうにかなるものではないので、まず基本的な法知識や政治学を学ばないと、これでま当選しては落ちて来た新人議員と同じ様に、何もせずお金をもらうだけで終わってしまうでしょう。