イギリスヘンリー王子の新しい役職!「CHIMPO」が男性器の事だと海外にバレる!

イギリス王室で、ヘンリー王子と言えば妻のメーガン妃の話題で名前を取り上げられる事が多いですが、ここへきて新しい役職名「CHIMPO」が男性器の名称である事が海外に知られて盛り上がっています。

果たしてCHIMPOとは一体何のことなのでしょうか。

海外の反応に合わせてご紹介していきます。

ヘンリー王子の役職「CHIMPO」は最高インパクト責任者

ヘンリー王子と言えば、普通の生活を望んで王室からの脱退、財政的な自立を目指していく事で話題になりました。・・・とは言ってもなんだかんだ王室の援助を受けようとする姿勢もありよく分からない事になっていますけどね(笑

現在ヘンリー王子はクラウドファンディングの失敗を経て、シリコンバレーが拠点のBetterUpというスタートアップ企業に就職して、新しい生活を始めましたが、BetterUpでつけられた役職が大きな話題になっています。

ヘンリー王子はBetterUp社の最高影響責任者「Chief Impact Officer(チーフ・インパクト・オフィサー)」ですが、その略称が「CHIMPO」です。

そうです、男性器の名称だったのです。

本来ならCIOと略されるところですが、CIOは既に「Chief Information Officer(チーフ・インフォメーション・オフィサー)」に使用されてCHIMPOになりました。

海外ではヘンリー王子のCHIMPOを巡ってお祭り状態

元々、CHIMPOが日本語の男性器という事を知らない海外では大して話題にはなっていなかったのですが、日本での盛り上がりを知った海外では一転して大喜利状態です。

  • 「年齢に関係なく『CHIMPO』という言葉はいつも笑顔になるよね」
  • 「今彼はロイヤル『CHIMPO』になるってこと?」
  • 「彼が日本に来てお偉いさんたちに『CHIMPOです』と自己紹介したらどうなるんだろう。彼らの反応が気になる!」
  • 「王室の肩書きだけでなくて、こっちの肩書きも捨てたくなるかもね」
  • 「ヘンリー王子以外にも今後『チーフ・インパクト・オフィサー』の役職になった人はみんな『CHIMPO』になってしまうね

転載元:tvgroove