旭川14歳少女イジメ凍死事件で旭川北星中学校の校長の名前と顔が特定?被害者より「加害者の未来が大事」な校長の言い分とは?

事件が大きく取り上げられるようになってから続々と新しい情報が出現している[旭川14歳少女イジメ凍死事件]ですが、ここにきて、校長の言い分が公表されて物議をかもしています。

あまりにも胸糞悪い発言から、日々特定が進められていましたが、廣瀬爽彩(さあや)さんがいじめを受けた中学校の特定は勿論、校長や担任がついに特定されました。

今回は、旭川14歳少女イジメ凍死事件でイジメた側に加担した、校長の胸糞発言や、担任教師について解説していきます。

旭川14歳イジメ凍死事件で校長が「加害生徒にも未来がある」発言

わいせつ画像の拡散は、校内で起きたことではないので学校としては責任は負えない』『加害生徒にも未来がある』などと突然告げられたそうです。その話を母親から聞かされた爽彩は『どうして先生はイジメたほうの味方にはなって、爽彩の味方にはなってくれないの』と泣いたそうです

転載元:livedoor NEWS

こちらはライブドアニュースに掲載された、北海道旭川市の北星中学校校長の発言です。

廣瀬爽彩(ひろせさあや)さんがイジメを受けて自殺する前の話ですが、廣瀬爽彩(ひろせさあや)さんの母親が弁護士を代理人として同席を求めたら「弁護士が一緒では話すことができない」と拒否。

もう隠蔽する気満々です。

北星中学校の校長の名前は金子圭一

さて、ここで一つ大きな進展があり、旭川14歳少女イジメ凍死事件の主犯格が在籍していた中学校が北星中学校という事は既に確定していますが、今回の問題行動をした校長は何者なのか?という話になります。

週刊文春のインタビューの際、「イジメは無かった」「亡くなったこととイジメは関係ない」というコメントが大炎上して特定が進められた結果北星中学校の校長の名前は金子圭一である事がわかりました。

2ちゃんねらーは敵に回すと恐ろしいが、味方につけると頼りない。という名言がありますが、本当にこの通りです。

金子圭一

こちらが問題の金子圭一ですが、どうやら北星中学を定年退職後に教育委員会学校教育指導員として、新しい役職に就く予定みたいです。

こういった背景もあり定年前、しかも役職付き再雇用になる前に問題を起こしたくないんでしょうね。

さて、この金子圭一校長ですが、週刊文春のインタビューで次の様に述べています。

――加害生徒の犯したことは指導でどうにかなる範囲を超えていませんか?

「相当の問題ですよ。ただ、その問題の背景もすぐさま見ないと。単に現象だけ見ても実際にあったわけですから。たまたまいて(イジメに)絡んだ子もいっぱいいるんですよ。ですから指導はしていますよ」

――どの事件に関して、指導を行ったのですか?

「ですから、その公園で(自慰行為を強要した事件)……。爽彩さんが入院するに至ったことについて、子供の間でトラブルがあったから対応していました」

――イジメがあったということですか?

「さっきから、そこまで至ってないって言ってるじゃないですか」

――イジメがあったから指導したのではないのですか?

「だから指導しましたよ。その時にいたみんなに責任あるだろうということで。子供によっては、何を言ったか分かんないけど調子に乗って言ってたと言う子もいたり。ただ、学校としてはその時の場面だけが問題と捉えてなくて、夜中にLINEでやりとりしてたり、それこそ爽彩さんが出て行こうとしたりとかあった。それはお母さんから聞いたから記憶があるんですけど、そういう一連のことも加害生徒に指導してたんですよ」

転載元:文春オンライン

おわかりいただけただろうか・・・

金子圭一は加害生徒に対して指導したと言っている一方で、公演で卑猥な行為をさせて、それを撮影した事をいじめとは捉えていないと述べています。

理解している人がほとんどだと思いますが、これが社会人がやれば犯罪です。金子圭一は定年退職前という事で60歳以上だとは思いますが、言っている事が小学生レベルです。

ただの悪ふざけに対して指導したとでも言うのでしょうか?



【いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識】