【わいせつ画像拡散?】旭川14歳少女イジメ凍死事件で加害少年少女の顔や名前は?少年法の存在意義は?

今年2月13日に行方不明になった、当時中学2年生の廣瀬爽彩(さあや)さんが、3月23日に遺体となって発見されてもうすぐ1カ月になります。

時間が経つに連れてどんどん凄惨ないじめの状況が明らかになっていきますが、どうやら被害者の廣瀬爽彩(さあや)さんの周りには味方がいなかったみたいです。

加害少年少女の本名や顔は?事件の経過はどの様なものだったのでしょうか。

旭川14歳少女イジメ凍死事件の概要

2月13日に旭川市内の自宅から外出後、行方不明になっていた当時中学2年生の、廣瀬爽彩(さあや)さんが3月23日に遺体となって発見されました。

廣瀬爽彩(さあや)さんは同じ中学の上級生からいじめに遭っていて、自慰行為の強制や、撮影されたわいせつ画像を拡散される等、常軌を逸した内容だったみたいです。

2019年には、あまりにも凄惨な内容により、警察が動く事態にまで発展し、加害少年は当時14歳未満で刑事責任を問えず、触法少年という扱いで、他のいじめグループのメンバーも証拠不十分を理由に厳重注意で終わります

後のインタビューで加害メンバーは「正直何も思ってなかった」と答える等、加害メンバーは自分達のやった事に何の罪悪感も持っていない事が分かっています。

詳細はこちらで読めます。

いじめに加わった少年少女の顔や本名は?

ネット上では様々な情報が飛び交っています。

現状、加害メンバーは女子生徒が「まほ」という名前である事だけが発覚しています。

過去には加害男子の名前も挙がりましたが、実際にはイジメとは無関係の人物であったことがわかり、遺族側から正式に削除依頼が出されています。

・・・言い換えると女子の名前は正しいという事でもあると思うんですけどね。

尚、学校については爆サイで特定済みみたいですね

旭川市立北星中学校でイジメで女子中学生が自○未遂ってメディア旭川に書いてあったな。校長も教師全員が見て見ぬふりの隠ぺい&ずさんな対応。

爆サイ:旭川市内の名門中学でイジメで自殺未遂。教師全員隠ぺい

被害者も加害者5人の生徒も同じく北星中学の生徒です。

文春オンラインの記事で、中学の外観がボカシが入っているものの、ストリートビューに写っている北星中学の外観と酷似しています。

全然機能しない?少年法の成り立ちとは?

少年少女の犯罪が起きる度に取り沙汰される少年法ですが、なぜ少年法がここまで被害者を守る為に機能しないのでしょうか?

一番大きな理由は少年法の成り立ちにあります。

現在の少年法は、戦後1947年に制定されました。

戦後という事もあり、生きる為に必死な時代で時期だったわけですが、当然働き口が無い若年層の窃盗や強盗が頻発する事態に陥りました。

時代が時代という事もあり、生きる為にせざるを得なかった非行少年の更生を目的にしたものとして存在したわけですね。

勿論、当時は無かったとは言いませんが、現在の様に娯楽感覚でいじめや犯罪を犯す少年少女の為の法律ではなかったわけです。

つまり、最近多い、自分達の快楽や自己満足の為に犯罪を犯す少年少女には全くの無力な法律なわけです。

断言しますが、抑止力は全くありません。少年少女の更生の機会をという言葉を聞きますが、そもそも中学にもなって善悪の区別がつく人間はイジメも犯罪も犯しません。



【いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識】